環境・社会貢献活動への取り組み

環境への取り組み

環境への取り組み
容器包装の削減について
容器包装リサイクル法への対応について
容器包装は、商品の保護などに役立っていますが、商品を消費したあとはごみとなってしまいます。容器包装に由来するごみは、家庭から排出されるごみの6割を占めると言われています。
イズミヤは、ごみ減量のための3つの「R」に基づいて、第一に「ごみそのものを発生させないこと(発生抑制)」を重視して、レジ袋や食品トレーなどの容器包装の使用量削減に努めています。
使用した容器包装に対しては、その使用量に応じて、「容器包装リサイクル法※1」に定められた再商品化委託料金※2を支払っています。また、店頭で牛乳パックやペットボトルなどのリサイクル資源を回収し、再び商品化するという資源循環のシステムを構築しています。
※1 容器包装リサイクル法:ごみとして処理されていた容器包装を、資源として有効利用していくために1995年に制定された法律。容器包装をリサイクルするための役割として、消費者は「分別」し、自治体が「回収」し、事業者が「再商品化」することが義務づけられています。
※2 再商品化委託料金:各自治体で回収された資源ごみをリサイクル(再商品化)するときに必要となる費用で、容器包装を利用した事業者に支払い義務が発生します。

                 
                 「容器包装リサイクル法」対象容器使用量と再商品化委託料金の推移                   再商品化委託料金

容器使用量

対象となるのは、レジ袋・食品トレーなどの資材や開発商品製造に伴って利用する容器包装で、ガラス製容器、紙製容器包装、ペットボトル、プラスティック製容器包装が該当します。なお、ペットボトルとトレーの一部は再商品化委託から店頭回収分を控除しています。

                                    プライベートブランド「good-iハートフル」                  イズミヤでは限りある石油資源の使用量を少なくするために、レジ袋使用量の削減に努めています。
お客様に対しては、マイバッグ持参運動を推進するとともに、ギフトや食品以外の商品の簡易包装を推奨するなど、ご協力をお願いしています。
また、レジ袋のサイズや仕様を見直したり、従業員が率先してマイバッグを使用するよう啓発活動に取り組んでいます。

                 
食品レジ袋使用量の推移 (単位:トン)
                 
  2011年度
2012年度
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
食品レジ袋
使用重量
704t 701t 727t 728t 721t 676t
                                                       「ばら売り」で、トレーやラップを削減                  
  写真:ばら売り
食品売場では、トレーやラップなどの容器包装を減らすため、ばら売りや量り売りなどの販売方法を導入しています。お客様にとっては、必要な量だけ商品を購入できるというメリットがあり、過剰に購入してしまった分が生ごみとして捨てられるのを抑えることができます。
イズミヤでは、より多くの商品でばら売りに対応できるよう努めており、2016年度には、年間を通して約65~70品目の農産物(野菜・果物)で、ばら売りを実施しました。また、水産物でも、鮮魚と干物の盛り売り・ばら売りを実施しました。畜産物では、鶏肉売場で「トレーなし販売」を2017年3月時点では25店舗で取り扱っています。

ページトップへ