環境・社会貢献活動への取り組み

環境への取り組み

環境への取り組み
回収リサイクル活動について
リサイクル資源の店頭回収について

イズミヤでは、不要になったリサイクル資源をお客様にお持ちいただき、「回収した資源を再び商品化して店頭に並べる」という資源循環のシステムを構築しています。
食品を取り扱う全店舗に、牛乳パック、アルミ缶、ペットボトル、トレーのリサイクル回収ボックスを設置。回収した容器類は、グループ会社である(株)カンソーの津守エコセンターやリサイクル業者で再資源化され、ティッシュペーパーやカーペットなどの商品として生まれ変わっています。
また、2005年5月からは、京都市の要請を受けて、洛北店・伏見店・六地蔵店に、リターナブル瓶の回収ボックスを設置。2008年度から透明トレーの回収も始め、2017年8月現在20店舗で行っています。【透明トレー回収導入店舗】桂坂店、枚方店、長岡店、河内長野店、小林店、千里丘店、六地蔵店、西神戸店、八幡店、堅田店、西宮ガーデンズ店、広陵店、橿原神宮前店、淡路店、天下茶屋店、深江橋店、上新庄店 計17店(2017年8月時点)

杭瀬店、尼崎店ではアルミ缶・ペットボトルの回収は行っていません。

リサイクル資源の店頭回収量の推移
回収リサイクル活動
 
店頭回収と再資源化商品
店頭回収と再資源化商品  
 
INFO 店頭回収についてのお願い
店頭回収した容器類は、異物が混じっていたり汚れていたりすると、せっかくお持ちいただいてもリサイクルできずに、ごみとなってしまいます。限りある資源を有効に利用するために、ご協力をお願いします。

牛乳パック
リサイクルマーク
洗って、切り開き、乾かしてください。
中にアルミが貼ってあるものは回収できません。(関東店舗では、中にアルミの貼ってあるものも回収しています)
トレー
回収できるのは、 プラスチック製容器包装識別表示マーク マークがつき、なおかつ「つまようじがささる」発泡トレーになります。
ただし、カップめんの容器、納豆容器は回収対象ではありません。
透明トレー
 
回収できるのは、  色や柄がついていない透明容器です。テープ、ラップ、ホッチキス等ははずして出してください。

アルミ缶
アルミ製飲料缶識別マーク スチール製飲料缶識別マーク
よく洗って、踏みつぶしてください。
スチール飲料缶も一緒に回収しています。
ペットボトル
PETボトルの識別表示マーク
回収できるのは、 PETボトルの識別表示マーク マークがついた飲料用・酒類用・しょう油用容器です。キャップとラベルを必ず取り除き、洗って、踏みつぶしてください。



リターナブル瓶の回収(実施店舗:洛北店、伏見店、六地蔵店)についての詳細は、京都市のWEBサイトをご覧ください。
京都市のWEBサイトへ

 
 
TOPICS エコセンターで店頭回収分の再資源化
イズミヤ関西地区のリサイクル業務を担当しているグループ会社(株)カンソー津守エコセンターでは、お客様からお持ちいただいた店頭回収分の牛乳パック、アルミ缶、ペットボトルを集約しています。このうち、ペットボトルについては、破砕・チップ化し、原料に再資源化しています。
また、各店舗から排出される発泡スチロール製魚箱などのプラスチック類を集約・回収・減容し、二次処理業者に引き渡して再資源化しています。

写真:津守エコセンター(イズミヤのグループ会社が運営) 写真:発泡スチロールの中間処理 写真:ペットボトルの中間処理(フレーク)
津守エコセンター
発泡スチロールの中間処理 ペットボトルの中間処理
(フレーク)

ページトップへ