プレスリリース

トッププレスリリース 2009 >まるとく市場「都島友渕店」開店について

プレスリリース

■ まるとく市場「都島友渕店」開店について

イズミヤ株式会社(本社:大阪市西成区、社長:坂田俊博、以下 イズミヤ)は、7月3日(金)に大阪市都島区にまるとく市場「都島友渕店」を開店いたしますので、ご案内申し上げます。

お客様の節約志向が高まる中、当社では、徹底したローコスト運営を原資として低価格を訴求する食品スーパーのディスカウント業態「まるとく市場」の展開を進めております。2007年3月以降、すでにデイリーカナート5店舗を「まるとく市場」に業態転換していますが、このたび新規で「まるとく市場」を出店する運びとなりました。

「まるとく市場」はスーパーセンターで培ったEDLC(エブリデイ・ローコスト)の運営ノウハウに加えて、さらに販促経費やクレジット決済、商品券、サービスコーナーなどのサービス機能を削減してコストカットを実現し、EDLP(エブリデイ・ロープライス)を徹底させた業態です。当店においても、食を中心に普段の生活に必要な商品を、地域一番の低価格で提供する生活便利店を目指してまいります。

以下、その概要をお知らせいたします。 
 
■店舗概要

店舗名 まるとく市場 都島友渕店
所在地 〒534-0016 大阪市都島区友渕町3-5-9
電話 06-6923-2251
開店日 2009年7月3日(金) 午前9時オープン
規模 売場面積 829㎡
階層 地上1階
駐車台数 9台
駐輪台数 100台
営業時間 午前10時 ~ 午後9時
※ただし、2009年7月3日(金)開店当日のみ午前9時開店
休業日数 年間1日
年商予定 890百万円[直営・初年度]
店長 横谷 敏彦(よこたに としひこ)
従業員 25名(社員6名、パートタイマー19名)*パートタイマー8時間換算
□ 当店の開店により、当社の店舗数は87店舗(まるとく市場としては6店舗)となります。

■商圏
0~0.5km 7,512世帯 19,550人
0.5km~1.0km 17,665世帯 41,881人
合計 25,177世帯 61,361人

■店舗の特徴

  • 「まるとく市場 都島友渕店」では、お客様に1円でもお安く商品を提供するために、店舗運営に関わるあらゆるコストを見直しております。「チラシ折込回数の大幅な削減」や、「コンテナ陳列・ケース陳列商品の拡大」、「自動補充発注対象商品の拡大」、「チラシによる売価変更の頻度を少なくしEDLP対象商品を拡大」、「アウトパック比率の向上」、「品揃えアイテム数の削減」等に取組み、お店の運営コストを一から見直しております。又、「ポイントカード・クレジットカードの取り扱い」や「ギフト包装」、「ドライアイスサービス」、「宅配受付」、「各種キャンペーン・イベント」等を実施しないというように、各種サービスも大幅に見直しております。そのように、お店の運営コスト、各種サービスを見直すことで、店舗の販管費を抑制し、お客様に1円でもお安く商品を提供する原資づくりとしております。
  • 「まるとく市場 都島友渕店」では、お店の運営コスト・各種サービスを見直すことで得られた原資をもとに、全ての商品の価格を見直し、お客様の必要とされる商品を、「とことん安く」をモットーに、毎日、低価格でご奉仕致します。「まるとく市場 都島友渕店」では、日々のお買い得商品を、店頭にて、「毎日がお買い得」、「ぶっちぎり得価」というPOP表現でお客様にお知らせ致します。「毎日がお買い得」と店頭POPにて表現しております商品は、「毎日同じ価格でご提供するお買い得商品で、いつご来店頂いても、いつもの安さでお届けする商品」です。又、「ぶっちぎり得価」と店頭POPにて表現しております商品は、「アッという驚きの安さの発見、数量限定・期間限定だからできる売り切れご免の特別奉仕品」です。

 

■レイアウト

tomobuchi02.jpg

■店舗周辺図

<公共交通機関にてご来店の場合>
 ・大阪駅経由 バス乗り場赤色2番もしくは3番(阪急百貨店向かい)にて、「34号・守口車庫前行き」もしくは「57号・京橋駅前行き 大東町1丁目行き」に乗車、所要15分、バス停「毛馬町2丁目」より東に徒歩5分

・地下鉄都島駅経由 バス乗り場A(地下鉄4号出口あがってすぐ)にて、「57号・大阪駅前行き」もしくは「110号・守口車庫前行き」に乗車、所要5分、バス停「高倉町3丁目」より北に徒歩5分

※参考:地下鉄谷町線「都島駅」より徒歩20分 

tomobuchi01.jpg

以上

ページトップへ