プレスリリース

トッププレスリリース 2010 >イズミヤネットスーパー「楽楽マーケット」のサービス再開について

プレスリリース

■ イズミヤネットスーパー「楽楽マーケット」のサービス再開について

イズミヤ株式会社(本社:大阪市西成区、社長:坂田俊博、以下 イズミヤ)では、8月初めより休止させていただいておりましたネットスーパー「楽楽マーケット」(http://rakuraku-market.com)のサービスを下記スケジュールにて再開させていただきます。

弊社ネットスーパーの運営委託業者による顧客情報流出により、お客様には多大なご迷惑・ご心配をおかけしましたことにつきましては心よりお詫び申し上げますとともに、セキュリティ対策を万全にしたシステムおよび運営体制でネットスーパー「楽楽マーケット」を再開させていただくことをご報告致します。

サービス再開の
スケジュール

【兵庫県の該当エリア(昆陽店)】
 平成22年12月  9日(木)正午  受注・会員登録開始
 平成22年12月 10日(金)    配達再開

【大阪府内、京都市内の該当エリア(今福店・平野店・花園店・白梅町店・千里丘店・百舌鳥店・河内長野店・古市店・和泉中央店)】
 平成22年12月16日(木)正午  受注・会員登録開始
 平成22年12月17日(金)    配達再開

「楽楽マーケット」の
画面を見やすく改良

・商品画像を4列で表示するなど、ご注文画面を見やすく改良いたしました。

・注文後の商品の変更、お届け便の変更等が会員様自身で簡単にできるようになりました。

セキュリティ対応
の強化について

◆新システムの開発と運用
新システムは、流通システムで豊富な実績を持つ東芝テック㈱で開発いたしました。また、グローバルなセキュリティ基準に準拠したデータセンタ-にサーバーを設置し業務運用いたします。

◆クレジット情報の管理
クレジット情報はネットスーパーを運用するサーバーで保持をせずに、グローバルなセキュリティ基準に準拠したクレジット決済代行会社で厳重に管理いたします。

◆個人情報の暗号化
データベース内の会員情報データの暗号化を実施いたします。

◆セキュリティの脆弱性診断
再開に際して、情報セキュリティ会社によるネットスーパーシステムのセキュリティの脆弱性診断を受けるとともに、稼動後も定期的な診断を実施いたします。

◆PCI DSS(*1)準拠
今回稼動するネットスーパー事業範囲においてPCI DSS準拠していることをクレジットカード会社に報告し、承認していただいております。

*1:PCI DSS
(Payment Card Industry Data Security Standard)
VISA、JCB、MasterCard、American Express、Discoverの5つの国際ペイメントブランドが共同で策定したカード情報の処理・保存・伝送を行うすべての業種・企業・工程を対象とした、情報システムの構成や運用に関するセキュリティ基準

 


 会員様には便利で、安心して、ご自宅でゆっくりと楽しくお買物をしていただけるように、今後もネットスーパーの品揃えの充実やサービスの向上、システムの改善等を図ってまいります。

【本件に関するお客様からのお問合せ先】
 ◆イズミヤ本社ご意見うけたまわり係
 <フリーダイアル> 0120-26-5050
 受付時間 10時~18時

以上

ページトップへ