プレスリリース

トッププレスリリース 2011 >「東北地方太平洋沖地震」災害を受けた消灯活動の実施について

プレスリリース

■ 「東北地方太平洋沖地震」災害を受けた消灯活動の実施について

3月11日(金)、東北・三陸沖を震源とする国内観測史上最大規模の地震による被害の実態は、今なお把握できないほど甚大な事態に発展しています。被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

イズミヤ株式会社(本社:大阪市西成区、社長:坂田俊博、以下 イズミヤ)は、関東・東北エリアでの電力不足への対応のため、また被災地への哀悼の意を表するため、当面のあいだ看板部分等のライトアップを控えさせていただきます。

被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

塔屋の消灯

塔屋のライトアップを控えさせていただきます。

【実施店舗】イズミヤ 39店舗
塔屋ライトアップ設備のない店舗を除く全店

シンボルタワーの消灯

デイリーカナート店舗の屋外に設けているシンボルタワーのライトアップを控えさせていただきます。

【実施店舗】デイリーカナートイズミヤ全店 21店舗
※地域の治安に配慮して、例外的にライトアップさせていただく店舗もございます。

その他節電活動

電力の使用を、店舗営業上必要不可欠なものに限定し、出来る限りの節電活動を行ってまいります。

①売場照明一部の消灯
②テレビ売場、照明器具売場などデモンストレーション用の電気使用の中止
③事務所・後方施設等の消灯

【実施店舗】イズミヤ全店 87店舗

以上

 

ページトップへ