プレスリリース

トッププレスリリース 2013 >岸和田産「金ごま」使用の“大阪ごま菓子”および“煎りごま”を限定販売

プレスリリース

■ 岸和田産「金ごま」使用の“大阪ごま菓子”および“煎りごま”を限定販売

イズミヤ株式会社(本社:大阪市西成区、社長:坂田俊博、以下 イズミヤ) は、イズミヤOBが中心となって運営しておりますNPO法人ゴールドファーム(以下 ゴールドファーム)が生産した金ごまを使用した、ごま菓子と煎りごまを店舗限定で販売いたします。

昨今、国産のごまはたいへん少なく生産をされる農家もほとんど無い中、ゴールドファームでは岸和田市など地元のごま産地化要請を受け、2012年より岸和田市の北阪農園でごま栽培に取り組んでおります。金ごまの栽培にあたっては、イズミヤ千里丘店で発生した食品残渣を堆肥として使用し、2年目の今年は約50㎏を収穫いたしました。

このたび、大阪の老舗ごまメーカーである株式会社和田萬商店(本社:大阪市北区)にもご協力いただき、ごま菓子と煎りごまの商品化が実現することになり、岸和田市の特産品として岸和田市周辺の店舗限定で販売することとなりました。
下記、詳細をご案内いたします。

販売開始日 2013年12月1日(日)より 
販売店舗 イズミヤ 西岸和田店、泉佐野店、和泉府中店、和泉中央店の4店舗
販売商品 煎りごま 500円(税込) 
大阪ごま菓子 500円(税込) 

 

goma_kashi.jpg goma.jpg

 

【ご参考】
◇NPO法人ゴールドファーム       
2008年に遊休農地保全活動を目的に、イズミヤOB8人がゴールドファームを設立。
農業生活を通じて、農空間の保全と活用、地域への積極的貢献、および会員の健康作りに寄与することを目的として収穫祭や体験農園等を展開。
2011年には「NPO法人ゴールドファーム」の認証を受け、現在に至る。

代表者 四日 克彦 (よっか かつひこ) 
保全農園 岸和田市神於山(こうのやま)農園、北阪農園、貝塚市木積(こつみ)農園
会員数 47名 (2013年10月末現在)
ホームページ http://www.izumiya-goldfarm.com/index.html

以上

ページトップへ