THE BEST CHOICE KODAWARI イズミヤのこだわり

  • TOP
  • KODAWARI -vol.4-

vol.4 ぶり

熊本県地図

取材ポイント

今回の舞台となるのは、熊本県沖の八代海に位置する天草諸島。温暖な気候で、水産業、特に養殖業が盛んです。そこで育てられている「ぶり」に密着しました!
「美味しいブリをいつもお届けするために、季節に応じて、産地を変更いたします。」

chapter1. イズミヤと天之瀬ぶり。

  • chapter1のイメージ1

    冬、旬の魚といえば! 脂ののった「ぶり」は外せませんよね! 刺身にしてよし、照り焼きにしてよし。

  • chapter1のイメージ2

    そして、言わずと知れた“出世魚”! 「モジャコ」と呼ばれる稚魚から、「つばす」→「はまち」を経て、5kgくらいの大きさになったら「ぶり」と呼ばれます。

  • chapter1のイメージ3

    今回ご紹介する「天之瀬ぶり」は、熊本県は天草市にて育てられているこだわりのぶり。ぶりといえば、こってりと脂ののった身を想像しますが、こちらのぶりはさらりとした上質な脂感が好評な一品です。

  • chapter1のイメージ4

    品質をとことん追求した「天之瀬ぶり」。美味しさのヒミツを探るべく、そのふるさとを取材しました!

chapter2. 養殖というこだわり。

  • chapter2のイメージ1

    「天之瀬ぶり」のふるさとはココ、天草諸島の南のあたり。昭和の中頃から養殖が盛んにおこなわれている海です。

  • chapter2のイメージ2

    育てているのは、メイン事業で養殖魚のエサの製造をしているという会社さん。その養殖事業としてぶりを扱っているという、全国的にも珍しい会社さんです。

  • chapter2のイメージ3

    そんなプロフェッショナル集団が作るブリのエサには、みかんの果皮のほか、ぶりの生長に欠かせない栄養分がぎゅっとつまっています。舌に残りすぎない、上質な脂感の秘訣です。

  • chapter2のイメージ4

    ちなみにこちらは成魚の給餌中の様子。こぞって食べにくるので、しぶきが凄い(元気!)。成長段階によってエサも変え、稚魚のころからおよそ2年かけて、愛情をこめて大切に育てます。

  • chapter2のイメージ5

    なんといっても、天然のぶりとの違いはその品質の安定性。もちろん季節によっては脂ののりが多少違ったりしますが、一年を通して安定した美味しさで食べられるという安心感は、養殖ぶりならでは。

  • chapter2のイメージ6

    実際にぶりが育てられているいけすも見学。いざ出航!

  • chapter2のイメージ7

    広い!!! こちらが、成魚に近いぶりが育てられているいけすです。多くの島々に囲まれているから潮流が速く、その中でぐいぐい泳ぎながら育つから、身がぷりっと引き締まるんですって。

  • chapter2のイメージ8

    ちなみに稚魚のいけすは成魚と違う場所に。成魚のいけすがある付近が深くて速い海流なのに対し、稚魚は浅めで穏やかな海で育っているのだそう。ぶりの保育園や!

  • chapter2のイメージ9

    温暖な環境、潮流の速い海。そしてこだわりのエサ。それらが、身質の締まった美味しいぶりが安定して食べられるワケなのですねー。納得!

chapter3. 鮮度感もばっちり。

  • chapter6のイメージ1

    さて、生産者さんの愛情を一身に受けて育った「天之瀬ぶり」ちゃんたち。天候にもよりますが、なんと水揚げした翌日の朝にはイズミヤの各店頭に並んでいるとか! なんという鮮度感。

  • chapter6のイメージ2

    その鮮度を保つ秘訣が、このシャーベット状の氷。水揚げしたら船上ですぐに〆め、氷の海にIN! 通常の氷よりもぶりに密着するから、スキマなく冷やしこめるのです。

  • chapter6のイメージ3

    真空パックしたら、いよいよイズミヤへ。

  • chapter6のイメージ4

    じゃん! イズミヤに到着したぶりちゃんたち。〈匠のすこやか〉マークを目印に、鮮魚コーナーで探してみてくださいね♪

  • chapter6のイメージ5

    さっそくいただきます!ぶりと言えば、まずはお造りですよね。前述のとおり、「天之瀬ぶり」は舌に残りすぎない優しい脂感が旨し。甘口醤油をちょんとつければ、より風味が際立ちます。

  • chapter6のイメージ6

    さらにこの時季は「ぶりしゃぶ」がお手軽!
    店頭に並んでいる刺身用の切り身や冊を買えば、あとは通常のしゃぶしゃぶの材料でOK。
    表面がうっすらと白くなるくらいにサッとつゆにくぐらせて、ぱくり。とろけるような旨味がお口に広がります。

ほかにも!イズミヤのぶりレシピ

ぜひご家庭でお試しあれ♪

  • ぶりの梅香煮

    ぶりの梅香煮

  • ぶりのから揚げのっけ丼

    ぶりのから揚げのっけ丼

Special Movie

取材完了 べぇの取材ノート

なんといっても、広大な海にいけすがたくさん並んでおり、こんなに多くのぶりを稚魚のころから育てている、ということに驚きました! 流れの速い海でしっかりと運動しながら育ち、そして生育状況を見極めながら最適なエサを与えられているというのが安定した美味しさのヒミツなんだなぁとしみじみ。たくましく、おいしく育った「天之瀬ぶり」。ご紹介したレシピとあわせて、みなさまのご家庭でも天草の潮を感じてみてくださいね♪

案内人べぇ

美味しいものとお酒をこよなく愛する30代主婦兼ライター。愛称はべぇやん。
ぶりといえば、ぶり大根もいいですよね。コク旨ぁ~な感じと、しみしみ大根…うん。旬の味。