THE BEST CHOICE KODAWARI イズミヤのこだわり

  • TOP
  • KODAWARI
  • 厚切りロースとんかつ(2021.4.6公開)

vol.9 厚切りロースとんかつ

日本地図

取材ポイント

一つひとつ手作業でつくるイズミヤの「厚切りロースとんかつ」。2021年1月に販売を開始するや好評のお声をいただく人気商品です。今回はその美味しさの秘密にせまるべく、熱きとんかつ担当・大西バイヤーにお話を伺いました。

chapter.01
本気のとんかつ、
できました。

  • chapter.01のイメージ1

    「本気のとんかつなんですよ!!」と冒頭から熱い大西バイヤー。まるで揚げたてのとんかつのようではないですか。わたくし・べぇやんの心にも熱が走ります。語っていただきましょう、本気とんかつの魅力を!!

  • chapter.01のイメージ2

    とんかつと言えばヒレとロースの2種がよく知られていますが、ご紹介するのは豚ロースを使用したもの。「口に運んだときのじゅわっと感を出したくて」と、少し脂感のあるロースをチョイスされたそう。

  • chapter.01のイメージ3

    めざしたのは、家庭で作るとんかつの味。イズミヤの愛情たっぷり「厚切りロースとんかつ」をすみずみまでご紹介します。

chapter.02
厚みと揚げ、食感への挑戦。

  • chapter.02のイメージ1

    まず驚くのは、揚げの工程だけでなく、ロースを切るところから手作業で丁寧に行われていること。こうすることで余分な脂を取り除き、食べたときのしつこさが少なくなったり、肉感をより味わえるようにしているのです。

  • chapter.02のイメージ2

    そしてさらに驚くのが、その厚さ。「いわゆる”厚切り”よりもちょっと厚い、2cm幅です!」
    えぇぇ。火が通りにくいのでは…?

  • chapter.02のイメージ3

    筋切りを行なってお肉を柔らかくしたあと、170℃の油でダイブ。5分ほど揚げたら余熱で熱することでしっかりと熱を通し、食感も固くなりすぎないよう、慎重に見極めながら揚げていきます。

  • chapter.02のイメージ4

    揚げたての「厚切りロースとんかつ」。
    ざくっ、ざくっ という小気味よいカットの音がしたかと思うと、現れる絶妙な肉感。
    厚いのに、固くない。固くないけど、ちゃんと調理されてる。
    丁寧な技術と、試行錯誤の跡が垣間見えます…!

chapter.03
下味と衣へのこだわり

  • chapter.03のイメージ1

    味付けは塩と胡椒のみというシンプル仕上げ。揚げる前に浸けるバッター液も特別な材料は使わず、ご家庭と同じく小麦粉や水、卵を溶いたものを使用。これぞ家庭の味…!

  • chapter.03のイメージ2

    極めつけは、衣。よくきめの粗い「剣立ちの良い衣が良い」とされてますが、あえてきめの細かい衣で仕上げ。「きめが粗いと、時間が経つにつれて食感がへにゃっとしてしまうんです」よりサクサク感を感じてほしいからこその衣のチョイス。

  • chapter.03のイメージ3

    厚めのカット、素材を活かすシンプルな味付け、サクサクを保つ調理。これらが三位一体となって、調和しているからこそ、「厚切りロースとんかつ」を人気商品たらしめているのですね。

  • chapter.03のイメージ4

    こうして、大西バイヤーと、店舗で調理を担当したみなさまの愛情をたっぷりと注ぎこまれたとんかつがお店にずらりと並びます。

  • chapter.03のイメージ5

    「自慢のとんかつなのでぜひご賞味ください!」と自信をもっておすすめする大西バイヤー。
    人気の商品なので、見つけたら早めのゲットが吉ですぞ。

chapter.04
とんかついろいろアレンジ。

  • chapter.04のイメージ1

    僭越ながらわたくし・べぇやんは、揚げ物調理が苦手です。
    なので、こうやってしっかりこだわりをもってお店で作られた揚げ物って、すごく嬉しいなぁと思う所存です。

  • chapter.04のイメージ2

    こちらは同じくイズミヤさんで取り扱いのある「千切りキャベツ」(株式会社サラダクラブ製造)。洗わずにそのまま使えるそうなので、忙しい日の食卓にとんかつの付け合わせとして最適ですね(*'▽')

  • chapter.04のイメージ3

    とんかつにはソース!と思っていたのですが、知り合いの食ツウの人に聞いてみると「塩もイケるで」とのこと。ほんとかなぁ…また試してみます。
    塩で食べたことのあるお方、ぜひ感想をお寄せください。

  • chapter.04のイメージ4

    おろしポン酢をかけてもいいかんじ。

  • chapter.04のイメージ5

    出汁入り玉子でとじて三つ葉を散らせば、かつ丼完成。
    手軽にがっつり行きたい時にはコレですな。

  • chapter.04のイメージ6

    そういえば、カレーのトッピングとしても乗せられますね!
    作り置きのカレーに乗っけると、またウマそう。

  • chapter.04のイメージ7

    ちなみに、1枚(6切れ)食べるのは大変なんだよな…という方に朗報の「ハーフサイズ(3切れ)」もあり!
    食べやすいサイズ感なので、ちょっと食べたいときにぜひ♪

取材完了 べぇの取材ノート

取材中「こういう写真が撮りたいんですけど…」と伝えると「こう、油のハネる感じのやつですよね!」、「大西バイヤーの写真が欲しいんですが…」と伝えると「いくらでも!!」と諸々ご快諾いただいた大西バイヤー。アツい。アツすぎるぜ。
もはや揚げたてのとんかつというか、極アツの揚げたてのアツアツロースとんかつなんだぜ。
熱血大西バイヤーが隅々までこだわったとんかつを一口食べて、その情熱の片鱗に触れてみてほしいです。
きっとあなたも、「厚切りロースとんかつ」のファンになりますよ。
もちろん私もです。

取材完了 べぇの取材ノート フォトイメージ

Special Movie

案内人べぇ

揚げ物調理に挑戦した過去あれど、失敗続き…けど食するのは大好き。極厚のロースとんかつを見て、苦手なことをムリにするより、プロに作ってもらって、食べて幸せ~な気分に浸るのが私には合ってるな~と得心した昨今です。